法務・税務2040年の社会保障を考える

出生率引き上げる女性の「フルタイム化」 人手不足を人口反転の契機に=小川直宏 本誌版「社会保障制度審」第17回 

    2005年、10年、15年における年齢別出生率
    2005年、10年、15年における年齢別出生率

     日本が直面する「人手不足」という危機は、企業で働く女性の雇用のフルタイム化を通じて、出生率を向上させるチャンスにもなる。そのことを統計分析で示していく。

     まず、これまでの少子化の経緯を振り返る。日本は1947~49年の短いベビーブームの後、10年間で人類史上初めて経験するスピードで出生率が半減した。その後は73年の第1次オイルショックまで合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数)は2人前後で推移したが、70年代半ばからほぼ連続して低下した。そして90年に、前年の合計特殊出生率が1・57と史上最低を更新したことが判明し「1・57ショック」が起こると、危機感を持った政府はようやく少子化対策を開始した。

     92年から育児休業法が施行され、94年には子育てを社会全体で取り組むとした「エンゼルプラン」が策定…

    残り2613文字(全文2970文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット