週刊エコノミスト Online独眼経眼

相関強まる米大統領支持率と株価=渡辺浩志

    トランプ米大統領の支持率と米株価の連動性が高まっている
    トランプ米大統領の支持率と米株価の連動性が高まっている

     米国の株価とトランプ大統領の支持率との連動性が高まってきた(図)。米国では家計金融資産の約半分を株式や投資信託が占めているため、株価が景況感や消費行動に強く影響する傾向がある。ここへ来て支持率への影響まで強まってきたのは、有権者の株高政策への期待感が高まっていることの表れだろうか。

     この点でいま一番に求められているのは、米中通商問題の決着だ。18年に始まった米中の摩擦は世界貿易を縮小させ、年末にかけての世界的な景気悪化と株価の大幅下落をもたらした。これがトランプ大統領の支持率急落と中国景気の深刻な悪化を招き、痛みに耐えかねた米中双方が歩み寄る格好となった。今年5月に入り、中国との交渉にいら立ったトランプ大統領が対中関税を引き上げ、中国が対抗措置を表明すると、株価は再び下落した。米中両国は失策を早めに改め、多少時間をかけてでも交渉をまとめることが得策といえる。

     ところで、来年11月の米大統領選でトランプ大統領が再選するには、どれほどの株高が必要なのか。民主党候補との一騎打ちとなるなら、トランプ大統領はそれまでに自身の支持率を50%超にまで高める必要がある。NYダウ平均株価を1カ月先行させて、米世論調査サイトが各種調査を独自に再集計して日々公表している支持率と並べてみると、1000ドルの上昇で支持率がおよそ1ポイント上昇する関係がみられる。

    残り722文字(全文1300文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事