週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

「勤労者皆社会保険」実現への条件とは=西沢和彦

     2019年4月、自由民主党厚生労働部会から「新時代の社会保障改革ビジョン」(以下、改革ビジョン)が発表された。そこでは、「令和時代の七つの改革」が掲げられ、その筆頭に「勤労者皆社会保険~人生100年時代のセーフティーネット」があげられている。勤労者皆社会保険は、その実現によりパート主婦の就労調整の原因とされている130万円の壁や106万円の壁が無くなるとされているが、どのようなメカニズムで壁が無くなるのか判然としないなど具体的な設計は明らかにされていない。

     勤労者皆社会保険とは一体何だろうか。以下の議論は、対象を年金に絞るが、健康保険にもおおむねあてはまる。わが国の年金制度は、厚生年金、共済組合、国民年金の大きく三つに分立している(以下、共済組合は割愛)。改革ビジョンは、現行の厚生年金保険が、加入者としてもっぱら正規雇用を想定していることから、短時間労働や兼業・副業、フリーランスなど(以下、便宜的に非正規雇用と総称)多様な働き方に対応できていないこ…

    残り2449文字(全文2880文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット