週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

「プライマリーケア」の発想なき地域医療構想=三原岳

     政府は現在、「地域医療構想」という医療提供体制改革を進めている。これは団塊の世代が75歳以上になる2025年を意識しつつ、在宅医療の普及や医療・介護連携など自宅での療養生活を支援するための改革を目指している。さらに、国際的に見ると病院の過剰なベッド(病床)数の削減につながる可能性があり、財政当局は医療費の適正化策として期待している。

     だが、世界的な医療提供体制改革の動向を俯瞰(ふかん)すると、日常的な疾病には「かかりつけ医」が対応する「プライマリーケア」体制の構築という共通点があり、この発想が日本の地域医療構想には見られない。本稿では、医療提供体制改革の中心に位置付けられる地域医療構想が、病院の病床数のコントロールなど「医療費の削減」という部分最適にとどまる危険性を指摘した上で、国民の生活を支えるプライマリーケアを制度として…

    残り2370文字(全文2738文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット