教養・歴史書評

武士団が台頭した時代の経過、伝承まで綿密に分析=今谷明

     桓武平氏の有力者・平将門が天慶(てんぎょう)2(939)年、坂東(ばんどう)諸国を荒らし回って“新皇”と称し、翌年2月、藤原秀郷(ひでさと)(異称:俵藤太(たわらのとうた))や平貞盛らの官軍と戦って憤死した事件を「天慶の乱」、前後して伊予を中心に西海を荒らしていた藤原純友(すみとも)らの争乱と併せて「承平(じょうへい)天慶の乱」ともいう。

     武士団の成立と武家の台頭を印象付ける重大な戦乱で、古来、封建制の萌芽を示す内乱として注目されてきた。経済史家の福田徳三はドイツ留学中(1900年ごろ)にドイツ語で出版した『日本経済史論』において、この乱を中世の起点としている。

    残り705文字(全文990文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事