マーケット・金融THE MARKET

中国株 米中摩擦で弱含み=斎藤尚登

     6月6日の上海総合株価指数は2828ポイントで引け、4月19日の直近高値3271ポイントからは13・5%の下落となった。これで年初からの上昇分の半分以上を失ったことになる。

     米中摩擦問題は混迷の度を深めている。米国政府は中国からの輸入品目のほぼ全てに追加関税を賦課する方針を示した。実現すれば、中国でモノを作って米国に輸出する企業にとって、中国…

    残り261文字(全文434文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット