週刊エコノミスト Online闘論席

「強い天皇」と「弱い天皇」=片山杜秀

撮影 川田雅治
撮影 川田雅治

 令和元年5月1日、「即位後朝見の儀の天皇陛下のおことば」が発せられた。短い中にさまざまな配慮があった。たとえば「上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます」。このくだりは、前日の平成最後の日の「退位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば」の次の箇所に対応している。「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」。平成最後の名文句と言うべき「象徴としての私」を受けて「象徴としてのお姿」と返す。立派な答礼である。

 その5月1日の新天皇の言葉には次の一節もあった。「上皇陛下には御即位より、30年以上」と述べて、「いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心(みこころ)を御自身のお姿でお示しになり」と続く。「御心」に「強い」と付けたところに子から父への批評がある。強烈におのれの意思を通した天皇であったということだろう。子はそのあとに自分も強くありたいとは言わない。ひとつのメッセージかとも思う。

残り363文字(全文787文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事