教養・歴史書評

『アダム・スミスはブレグジットを支持するか? 12人の偉大な経済学者と考える現代の課題』 評者・浜矩子

著者 リンダ・ユー(エコノミスト) 久保恵美子訳 早川書房 2700円

経済学の先達を召喚 今日的課題を問う試み

 これは著者が評者のために書いてくれた本かもしれない。目次を見てそう思った。なぜなら、評者はしばしば、本書に登場する偉大な先生方にいろいろなことを聞いてみたいという衝動に駆られてきたからだ。リカード、ケインズ、ハイエク……、すごい名前がズラリと並ぶ。

 評者は、「あの大先生は、ドナルド・トランプが大統領になってしまうような現状を、草葉の陰でどう思われているのか」とか、「あの先生にご復活願って、日銀の量的質的金融緩和に審判を下していただきたいものだ」とか、そんなことを常に考えている。だから、本書の「誰それに何々を聞いてみよう」というスタイルは実にワクワクする。

残り863文字(全文1199文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事