週刊エコノミスト Online話題の記事

米長期金利が急低下 パウエルFRB議長が緩和示唆 米中貿易問題で景気後退懸念=杉崎弘一

    金融緩和もにじませた。写真はパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長=6月4日(Bloomberg)
    金融緩和もにじませた。写真はパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長=6月4日(Bloomberg)

     米国債利回りの低下が著しい。長期金利の指標となる米国債10年債利回りは6月3日、一時2.1%を下回り、1年9カ月ぶりの低水準となった。また、2年債利回りなど中期の金利低下が顕著で、短期金利との間でイールドカーブ(利回り曲線)が大きく逆イールド(長短金利の逆転)化している(図)。これは、市場が近い将来、FRB(米連邦準備制度理事会)が利下げするとの期待を織り込んでいるためである。

     実際、パウエルFRB議長は6月4日の講演で、「米経済の動向を注視し、景気拡大を持続させるために我々…

    残り970文字(全文1211文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月27日号

    伸びる 消える 鉄道14 開業目前! 相鉄・JR直通線 沿線を一変させるインパクト ■大塚 良治/村田 晋一郎17 躍進! 鉄道株 京王、京成、JR東海…… 「安定性」で続々と高値更新 ■村田 晋一郎20 売上高、輸送人員、混雑率…… JR+大手私鉄 最新データ 徹底比較 ■編集部23 阪神なんば線 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット