週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

戦争捕虜・不明者連れ戻し バイクデモの歴史、一区切り=中園明彦

    今年のローリング・サンダー(主催者団体のFacebookより)Photo:Jennifer E. Berry
    今年のローリング・サンダー(主催者団体のFacebookより)Photo:Jennifer E. Berry

     毎年5月最終月曜日は、米国の祝日の一つであるメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)である。戦没者を追悼しようと、各地でイベントが開催され、至る所で星条旗が掲げられる。ワシントンDCでは全米でも指折りの規模のメモリアルデー・パレードが開催され、多数の観光客が訪れる。しかし、ワシントンでは前日の日曜日、知る人ぞ知る大イベントが毎年開催されている。「ローリング・サンダー(Rolling Thunder)」だ。

     ローリング・サンダーが始まったきっかけは、1987年にベトナム戦争の帰還兵4人がワシントンに集合し、政府に対し戦争捕虜と戦争行方不明者の連れ戻しを要求したことだった。翌年には呼びかけに応じた約2500人のオートバイのライダーらがワシントンに集まって走行デモを行った。規模は毎年拡大し、メモリアルデーの週末を目指し全米からハーレーダビッドソンを中心としたバイクが集結する。ライダーの数は50万人とも7…

    残り918文字(全文1321文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット