週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「エンジニアとしての情熱だけで突き進んだ」 ウィンドウズ95を作った男=中島聡・ソフトウエアエンジニア/749

     米マイクロソフトで、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」やブラウザソフト「インターネットエクスプローラー」などの開発を手がけ、「伝説のプログラマー」と称される中島さん。今なお第一線で開発を続けている彼の原動力とは。

    (聞き手=加藤純平・ライター)

    中島 ジーボは、自動車に搭載されるカーナビの中身、つまりユーザーインターフェース(人間が操作する部分)やソフトウエアの開発を行っている会社です。自動車がインターネットにつながるようになって、カーナビにできることは増えています。地図情報だけでなく、インターネットラジオを聴いたり、飲食店やドライブスルーの予約注文をしたりなど。ネットにつながった自動車をいかに便利に利用するかを考えて、サービスを開発していました。

    中島 そんなことはなく、2000年の創業当時はモバイル端末向けにサービスを開発していました。ところが、米アップルの「アイフォーン」が登場してから競争相手が一気に増えてしまい、面白みがなくなってしまったのです。別の事業はないかと探っていたところ、車載器を扱う会社がほぼないことが分かり、参入を決めました。その時、幸運なことに日本の自動車部品メーカー、デンソーがジーボで開発しているようなサービスをちょうど探していて、取引することができました。

     これを足がかりに、その後のトヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)との取引にもつながっています。今後、自動運転とともにジーボの存在価値がさらに増していくのは間違いないです。

    残り4223文字(全文4859文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット