教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

「独り暮らしは“カワイイ”と“風流”の両方で」 元祖「カワイイ系」絵師=田村セツコ 画家、イラストレーター/748

     田村さんは女性イラストレーターの草分け。単なる漫画でも挿絵でもなく、書き文字とイラストを組み合わせた独自の「セツコワールド」で60年以上に及ぶ人気を築き上げた。

    (聞き手=大宮知信・ジャーナリスト)

    ── 栃木市の「とちぎ蔵の街美術館」で、大回顧展とも言える「田村セツコのHAPPYがいっぱい!」が開かれています。デビュー当時の作品、漫画から、最近の油絵まで、なかなかの迫力です。絵に交じって奇妙な少女の人形が展示してありますけど、立体の作品も作るんですね。

    田村 それね、ゴミと間違える人がいるんだけど、ボロ切れとかダンボールで作ったリサイクルアートなのよ。心は何でもありのジャズと「不思議の国のアリス」で、タイトルは「ジャズアリス」。作品も洋服も要らなくなったもので作るのが好きなんです。物がない時代に育ったから。こういう廃物利用の作品を欲しいという人がいて売約済みなんだけど、いかめしい美術館にこんな作品があったらおもしろいかなと思って出品することにしたの。

    残り4071文字(全文4501文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット