週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「延命医療も、本人の満足を物差しにして」 終末期医療を支える=会田薫子・東京大学死生学特任教授/750

     高度で過剰な延命医療がかえって患者や家族を苦しめるなど、高齢者の終末期医療のあり方が問われている。NHKの特集番組でコメンテーターを務めるなど、最前線に詳しい研究者に聞く。

    (聞き手=山崎博史・ジャーナリスト)

    ── 専門の臨床死生学とは?

    会田 人生の最終段階における医療は、医療技術の進展によって、治療法の選択肢がいろいろある一方、患者さんやその家族の価値観が多様化しています。治療とケアの意思決定は、本人意思の尊重が基本ですが、どのようにして意思決定を行うかが切実な課題となっています。哲学・倫理学・医学・心理学などの学際的立場から、意思決定を支援することが臨床死生学の中心的な課題です。

    残り4322文字(全文4617文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット