教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

「性的には少数者でも、あらゆる問題から逃げていない」 普通の男として=虎井まさ衛・著述業/751

 子どもの頃、体(生物学的性)は女性だが、心(性自認)は男性であることに苦しんだ。唯一の解決策は、性別適合手術で体と心の性を一致させることだった。

(聞き手=冨安京子・ジャーナリスト)

「性は変えられる!9歳の時に雷に打たれたような衝撃が。絶対、男の体になると決心した」

── 今は“普通の男の生活”に充足感を抱く日々だ、と。体は女体だが、自分は女ではなく男だと自覚されたのはいつでしたか。

虎井 物心ついた頃です。しかし、大人になるにつれ必ず男体になっていくものだと信じていました。でも小学5年の時、学校の性教育の一環で「男女のちがい」という映画を見せられ、大人になっても女の体のままなんだと知って絶望の底に突き落とされたのです。

残り4470文字(全文4782文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事