教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

明るく楽しい選挙を=三浦博史・選挙プランナー 問答有用/752

     今年は春の統一地方選と参院選(7月21日投開票)が12年に1度重なる選挙イヤー。かつての「選挙プロ」に代わって、日本の選挙を取り仕切りつつある「選挙プランナー」について、第一人者に聞く。

    (聞き手=山崎博史・ジャーナリスト)

    ── 選挙プランナーとは。

    三浦 世論の動向や政策テーマなどを踏まえた上で、総合的に情勢分析をし、候補者を当選させるための戦略・戦術を立案し、アドバイスする仕事です。戦術は、政見放送、選挙公報、街頭演説やSNS(交流サイト)対策などのアドバイスからポスター、ビラなどの作成まで、多岐にわたります。数万票以上の得票を争うため、そうした「空中戦」が中心となる国政選挙や首長選挙などを、私の場合は対象にしています。隣近所の1票1票を固めることで当落が決する市議選や町村議選などには、まずタッチしません。

    残り4353文字(全文4712文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット