週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

政策をビジネスで実践=伊原智人 グリーン・アース・インスティテュート社長/753

     

    幻に終わった旧民主党政権による脱原発政策の立案で中心的な役割を果たした元経済産業官僚の伊原智人さん。国家公務員として2度の挫折を経て環境ベンチャー企業の社長に転じ、株式上場が視野に入った。

    (聞き手=浜田健太郎・編集部)

    「『ダーウィンの海』を越えるバイオ企業にしたい」

    「経産省時代、核燃サイクルの破綻を訴えたが、マスコミにはしごを外されてしまった」

    ── 社長を務める「グリーン・アース・インスティテュート」(GEI)で、「バイオプラスチック」の開発に取り組んでいますね。

    伊原 石油由来のプラスチックを燃やせば、大気中の二酸化炭素(CO2)が増えてしまいますが、石油由来のプラスチックを植物由来に置き換える場合に、当社の技術を駆使して基礎化学品を作ることができるので、いくつかの企業から共同開発の提案を受けています。さらに、海にプラスチックごみが流出する「海洋プラスチック問題」が深刻化していますが、自然界で分解できるプラスチックの原料も植物から作れるような開発も進めてい…

    残り4492文字(全文4927文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事