週刊エコノミスト Online闘論席

AI創作の今=池谷裕二

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     人工知能(AI)に絵を描かせたり、作曲させたりといった芸術試行は珍しくはないが、一連のAI創作でも「執筆」は異質だ。今年2月に米国のオープンAI社が発表した言語生成モデル「GPT─2」の完全版が、悪用される懸念から非公開となったことが象徴的だ。

     従来AIが書いた文章は幾分ぎこちなく、文脈に一貫性がないきらいがあった。しかし、GPT─2は人と見まがうばかりの流暢(りゅうちょう)な文章を書く。小説の冒頭部分だけを与えれば、つじつまの合うように続きをつづり、原作とは異なるストーリーを完成させる。

     小説だけではない。まことしやかなフェイクニュースさえも自動生成する。悪用されればインターネットはフェイクニュースで氾濫し、瞬時に使用に堪えない代物になるだろう。同社は次作GPT─3の開発も手がけていると聞くが、AI自動執筆は便利さと有害性が隣り合わせだ。

    残り451文字(全文827文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット