週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀

     通常国会が6月26日で閉会した。大した盛り上がりもなかった。

     国民主権をかたちにするのが国会だ。国民の代表である代議員の議論は民主政治の花だ。ところが近年、国会の形骸化が甚だしい。でも、そのせいで日本の政治が停止しているようには見えない。ということは、政治の主たる場が国会と別の場所に移っているのだろう。

     コーポラティズムという言葉がある。ものすごく乱暴に言うと、政府や与党や大企業経営者団体や巨大労働組合といった諸勢力が、国会という公共の場を形骸化させて、肝心なことはどこかで談合するのがコーポラティズムだ。経営者団体も労働組合も政府のちょうちん持ちをし、政府がまた経営者団体と労働組合の両方の御用を務める。言わば「相互的御用関係」によって成り立つのがコーポラティズムの国家というものである。

    残り426文字(全文774文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット