マーケット・金融THE MARKET

原油 協調減産延期なら60ドル視野=柴田明夫

     ニューヨークWTI原油は6月20日、一時1バレル=57ドル台と3週間ぶりの高値を付けた。ホルムズ海峡付近でのタンカー攻撃に続き、イランの革命防衛隊が20日、米軍の無人偵察機を撃墜し、新たな軍事的緊張をあおる格好となったためだ。18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、早期利下げの可能性が示されたことで、景気減速に伴うエネルギー需要の減退観測が後退…

    残り270文字(全文449文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット