マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 機械受注統計(7月8日) 米中貿易摩擦で下振れか=神戸雄堂

    (注)季節調整値 (出所)内閣府「機械受注統計」
    (注)季節調整値 (出所)内閣府「機械受注統計」

     内閣府は7月8日、5月の機械受注統計を公表する。民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の機械受注額(以下、機械受注)には足元で持ち直しの動きが見られるが、米中貿易摩擦が再燃した5月以降は前月比で下振れする懸念もあり、注目される。

     機械受注は、2017年半ばから製造業を中心に増加基調にあったが、18年半ばから弱含み、11月から19年1月にかけて3カ月連続で減少した。その後は3カ月連続で増加に転じ、4月は8カ月ぶりに9000億円を上回った結果、内閣府は機械受注の基調判断を「足踏みが見られる」から「持ち直しの動きが見られる」に上方修正した。

     4月の機械受注を業種別に見ると、製造業は造船業の大型受注の押し上げによって前月比16.3%増と2カ月ぶりに増加し、非製造業は前月比1.2%増と2カ月連続で増加した。一方で、四半期系列では前期比で2四半期連続で減少している。

    残り399文字(全文789文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット