国際・政治エコノミストオンライン

保守党首選でジョンソン氏優位か 英EU強硬離脱に高まる現実味=石野なつみ

     辞任を表明したメイ英首相の後任を選ぶ保守党の党首選は6月20日、下院議員による第5回投票で、ジョンソン前外相とハント外相の2人が、決選投票への進出を決めた。7月23日 に保守党員約16万人による投票で新党首が決まり、次期首相となる見込みだ。目下の焦点は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)をめぐる両氏の方針だが、いずれも現実味に欠け、新首相誕生後も英国情勢の混乱が予想される。

     EUからの離脱交渉では、当初の離脱期限は今年3月の予定だったが、今年10月末まで延期された。英国議会だけでなく保守党内部もまとめきれなかったメイ首相は5月24日、保守党党首を辞任すると発表。次期党首選には10人が立候補し、下院議員による第1回投票(6月13日)以降、投票を重ねて2人に絞り込んだ。同月22日から英国全土で合計16回の演説会が予定されており、保守党員による郵送投票も間もなく始まる。

    残り2199文字(全文2587文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット