経済・企業エコノミストオンライン

LIXILグループ総会の波乱 株主提案の瀬戸前CEOが勝利=岩村宏水

     会社とは結局、誰のものなのか──。6月25日、日本のコーポレートガバナンス(企業統治)のあり方を問う、注目の株主総会が開催された。住宅設備大手LIXILグループの定時総会である。

     同社では昨年10月末、前身企業の一つ、旧トステム創業家の潮田洋一郎氏が当時の社長兼CEO(最高経営責任者)の瀬戸欣哉氏を事実上解任したのをきっかけに、深刻な企業統治不全が露呈。瀬戸氏は、トップ交代の過程で「潮田氏から誤解を強いられた」と猛反発し、自身を含む8人の取締役候補を株主提案してCEOへの復帰を目指していた。

     対する潮田氏は、4月18日に業績の大幅下方修正で2019年3月期連結決算が500億円超の最終赤字に転落すると発表した際、株主総会後に会長兼CEOを退くと表明した。これを受け、LIXILの指名委員会は現任の取締役を一人も含まない取締役候補10人を株主総会に提案した。

    残り1282文字(全文1664文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事