教養・歴史書評

公正な競争妨げる大手チェーンの寡占=永江朗

     札幌市のなにわ書房が6月21日、札幌地裁に破産を申請した。原因は書籍・雑誌の販売落ち込みと収益力低下といわれる。負債総額は2億9000万円。札幌市内では15年にもユニークなブックフェアで知られたくすみ書房が破産している。

     1950年創業のなにわ書房は、道内屈指の老舗として知られてきた。とりわけ地下鉄南北線大通駅に直結した店舗「リーブルなにわ」(71年開店)は、文芸書や人文書の品ぞろえが素晴らしく、市内のみならず道内各地からわざわざ訪れる人も少なくなかった。北海道の文化を支えたといっても過言ではない。

     しかし、90年代以降、ナショナルチェーンの大型店が市内中心部に次々と登場し、なにわ書房は客を奪われていった。2013年にはリーブルなにわも閉店。今回の破産申請時点で、なにわ書房は5店舗を展開していた。

    残り528文字(全文882文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット