教養・歴史アートな時間

映画 存在のない子供たち=芝山幹郎

    存在のない子どもたち (c)2018MoozFilms/(c)Fares Sokhon
    存在のない子どもたち (c)2018MoozFilms/(c)Fares Sokhon

    悲惨や絶望に耽溺せず貧困と混沌を直視する

    「カオスにはつねに期待してよい」とかつて開高健は述べた。私もそう思っていた。外国の町を歩いていても、市場や路地に紛れ込むと胸が躍った。混沌(こんとん)の陰には未知が潜む。

     が、ある時期から、私は自分の解釈が浅薄だと気づいた。ロマンティックな眼でカオスを見るのは危うい。猫のような好奇心だけでカオスに近づくと、収拾のつかない事態に遭遇する。

     そんなこと……と思った方は「存在のない子供たち」(2018年)を見ていただきたい。レバノンのベイルートで6カ月をかけて撮影されたこの映画は、ドキュメンタリーではない。汚れてすさんだ町の背後に、太い物語と、濃い肉体と、入り組んだ情感がのたうっている。

    残り857文字(全文1171文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事