教養・歴史アートな時間

舞台 通し狂言 星合世十三團 成田千本桜=小玉祥子

    善人、悪人、二枚目に狐…市川海老蔵、主要十三役に挑戦

    「義経千本桜」は、「仮名手本忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」と並び、三大名作狂言と呼ばれる人気作品である。延享(えんきょう)4(1747)年に人形浄瑠璃として初演され、翌年には歌舞伎化され、今日まで途切れることなく上演されてきた。

     竹田出雲、三好松洛(しょうらく)、並木千柳(せんりゅう)の合作で、「平家物語」や「義経記」を題材に、滅びゆく平家と周囲の人々に起こる悲劇を、兄の源頼朝に疎まれて落ちていく義経をからめて大胆な脚色のもとに描いている。

     その主要な十三役に七月の東京・歌舞伎座の夜の部で市川海老蔵が挑んでいる。海老蔵が来年、十三代目市川團十郎を襲名することにちなみ、「星合世十三團(ほしあわせじゅうさんだん) 成田千本桜」と題された。

    残り945文字(全文1290文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事