教養・歴史書評

日米安保と憲法第9条は「共存」しうるのか=井上寿一

 6月29日のG20大阪サミットの閉幕後の記者会見において、アメリカのトランプ大統領は、日米安全保障条約の廃棄の可能性について「全く考えていない」と否定する一方で、「不公平」なこの条約を「変えなければならない」と発言した。アメリカが日本を守るのならば、日本もアメリカを守るべきである。

 このように批判するトランプ大統領が日米安保条約の片務性の是正を求めていることは明らかだろう。他方で安倍首相は、年来の主張である憲法改正を進めようとしている。

 このような日米安保条約の対等化要求と憲法改正志向は、戦後から今日まで長く続く日本の政治体制を揺さぶることになる。戦後の日本は、相互に矛盾するはずの日米安保条約と憲法第9条を同時に受容してきた結果、平和と繁栄を享受することができた。ところがこれからはそうはいかない。日米安保条約と憲法第9条の矛盾の解消を考えなければならなくなったようである。

残り487文字(全文879文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事