国際・政治深層真相

韓国の日本製品不買運動 “誤爆”に右往左往

 日本政府が韓国に対して半導体材料などの輸出規制を強化したことを受け、韓国のSNS(交流サイト)では「ボイコットジャパン」をうたい、不買運動の対象とする日本製品のリストが出回っている。しかし、中には日本製品と誤解された“誤爆”のケースや、日本ブランドを韓国企業が運営している形態もあり、関連企業が説明に追われている。

 韓国で数多く店舗展開する均一価格ショップ「ダイソー」は、日本企業が運営していると誤解されている。運営会社には日本の大創産業も出資するものの、大株主は韓国企業のアソンHMP。コンビニエンスストア「セブン─イレブン」も韓国ではロッテグループが運営し、「セブン─イレブンは米国のブランド。日本とは直接関係ない」と説明したと報じられる。

残り165文字(全文488文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事