経済・企業エコノミストリポート

取扱量伸び悩む豊洲市場 市場外流通の拡大でジリ貧状態 詰め合わせやノウハウ輸出に活路を=森本博行

卸売場に並ぶマグロ(2018年10月)
卸売場に並ぶマグロ(2018年10月)

 東京都の中央卸売市場「豊洲市場」の取扱量が振るわない。2018年10月に日本の食文化の象徴とされた「築地市場」から移転して半年以上が経過したが、この間の水産物取扱量は、移転前の前年同時期と比べ7%近く落ち込んでいる。都庁職員としておよそ20年にわたって市場に携わり、退職後も水産物流通に関わってきた立場から、豊洲市場の将来展望について考えてみたい。

残り3354文字(全文3529文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事