週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

生産シェア5割超す「OPECプラス」 原油の価格支配力奪還で米国に対峙=岩間剛一

     今年7月1日のオーストリア・ウィーンにおけるOPEC(石油輸出国機構)総会、それに続く、2日のロシアなど非OPEC加盟の主要産油国との閣僚会合で、OPEC加盟国に非OPECを含めた「OPECプラス」の枠組みを恒久化することで合意した。OPECは1970年代、世界の原油市場で大きな存在感を示したが、その後の非加盟国の産油量増大で威光が薄らいでいた。OPECプラスはすでに強力な協調減産を実施しており、かつてのOPECのように原油価格への影響力を増すことになるだろう。

     OPECプラスは、今年6月末に期限を迎えた協調減産について、今年7月から2020年3月まで9カ月延長することで合意し、OPEC加盟国による日量80万バレル、非OPEC加盟国による日量40万バレルの合計日量120万バレルの協調減産を延長することとしている。今年6月29日には、大阪で開かれたG20(主要20カ国・地域)首脳会議で、サウジアラビアのムハンマド皇太子とロシアのプーチン大統領による協調減産…

    残り3077文字(全文3511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット