経済・企業独眼経眼

シリコンサイクルに明るい兆し=藤代宏一

     6月のグローバル製造業PMI(購買担当者景気指数、企業からみた景況感を示す経済指標)は49・4へと低下し、2012年夏以来の水準へと落ち込んだ。12年の夏といえば、欧州債務危機の真っただ中で、ギリシャの火事がイタリア、スペインへと飛び火していた時期だ。日本は円高不況に直面し、ドル・円が1ドル=80円を割り、日経平均は9000円の回復がやっとという状態だった。この指標でみれば、製造業セクターの風向きは、当時と同じくらい悪化しているということになる。

     足元の景気減速の背景にあるのは半導体不況だ。上昇2年・下降2年の4年周期を持つシリコンサイクル(半導体売り上げの循環)は、17年後半をピークとする下降局面に位置しており、これに足並みをそろえるようにグローバル製造業PMIも17年末からほぼ一貫して低下している(図1)。過去のパターン通り、下降局面が2年程度で終われば、19年後半~20年前半ごろに底打ちのタイミングが到来し、世界経済が再加速すること…

    残り647文字(全文1073文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット