週刊エコノミスト Online独眼経眼

平均退職年齢はすでに70歳=斎藤太郎

(出所)総務省統計局「労働局調査(参考表)」
(出所)総務省統計局「労働局調査(参考表)」

 6月21日に閣議決定された「成長戦略実行計画」には、人生100年時代を見据えた70歳までの就業機会の確保が盛り込まれた。65歳定年を導入している企業が2割以下にとどまっていることからすれば、70歳まで働くことは非現実的と感じる人もいるかもしれない。しかし、実際には4割近くの人が70歳になっても働いている。

 総務省統計局の「労働力調査(参考表)」によれば、2018年の70歳の就業率は36・0%である(図1)。就業者には定年がない自営業者が含まれていること、定年後も再雇用、転職、起業などの形で働き続けている人が多いことなどがその背景にある。

残り804文字(全文1076文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事