週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 森田剛史
    撮影 森田剛史

     参院選の公示日、安倍晋三首相が第一声を上げたのは福島県だった。被災地に寄り添う姿勢を示すためだろう。だが、その言葉に誠意はなかった。

     福島第1原発事故の最大の原因は、電力会社や原発メーカーと癒着した自民党政権と経済産業省が、「原発神話」を作り上げ、津波の影響に関する新たな情報を無視したことだ。自民党は、福島原発事故のA級戦犯である。

     それを認めた自民党議員がいる。小泉進次郎氏だ。彼は、自民党の野党時代、私が講師を務めた同党改革派の会合で、自民党の犯した『大罪』の一つとして「福島原発事故」を挙げ、自民党は、それに対する真摯(しんし)な反省に立った新たな政策を作らねばならないと述べた。非常に潔い姿勢だと思った。

    残り506文字(全文814文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット