週刊エコノミスト Online書評

『人口8000万人時代に向けての日本経済』 評者・井堀利宏

    著者 牛嶋正(経済学者) 風媒社 2000円

    22世紀まで見据えた超長期的社会設計提案

     財政学の大家であるとともに、参議院議員(公明党比例区)として現実の政策立案に参加した実務家でもある著者が日本経済の長期的な将来像についての課題と提言をまとめた労作である。100年先の将来まで少子高齢化が進むと総人口が8000万人規模まで縮小する。その結果GDP(国内総生産)総額は減少するが、国民一人一人の生活水準の向上は可能であり、そのために、財政・社会保障だけでなく環境、地域再生も視野に入れた改革が必要だと説く。

     公的年金だけでは2000万円ほど不足するという金融庁の審議会報告書が政治問題化したが、少子高齢化社…

    残り867文字(全文1169文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット