週刊エコノミスト Online注目の特集

「漫画村」の元運営者拘束 著作権法改正論議に一石 現行法で対処可能を実証=前原一輝

福岡県警に逮捕された元運営者の友人(中央)=7月10日(画像の一部を加工しています)
福岡県警に逮捕された元運営者の友人(中央)=7月10日(画像の一部を加工しています)

 インターネット上に違法に公開された漫画を無料で読めるサイト「漫画村」の元運営者とみられる容疑者が7月7日、フィリピンの空港内で拘束された。福岡県警などが、著作権法違反の疑いで逮捕状を取っており、フィリピンから送還され次第、逮捕される見通しである。今回の容疑者の拘束は、著作権の権利者保護の観点で意義があるだけでなく、著作権法改正の議論にも一石を投じる。

 漫画村は、違法に公開されている漫画を閲覧できるようにリンクを張り、「リーチサイト」と呼ばれている。2016年に開設され、人気漫画を扱う出版社は、推計約3000億円の被害を受けたとされている。このようなリーチサイトは漫画村以外にも存在する。文化庁は対策として、違法にネット上に公開された静止画を故意にダウンロードした場合には、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、またはその両方を科すという内容の…

残り458文字(全文835文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事