国際・政治話題の記事

NEWS EU離脱の前に 英国新首相に迫る「イラン問題」=橋本択摩

    ジョンソン英国新首相
    ジョンソン英国新首相

     合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性も否定しないジョンソン前英外相が7月24日、首相に就任した。無秩序なEU離脱への警戒が強まる中で、新首相にはもう一つの難問が立ちはだかる。イラン問題だ。

     7月19日に発生したホルムズ海峡でのイランによる英船籍タンカー拿捕(だほ)事件を受けて、中東情勢の緊迫度が一段と増している。昨年5月、トランプ米政権はイランとの核合意を離脱し、イランに経済制裁を課す中、英独仏の欧州核合意調印国はイランに対して核合意の維持を懸命に説得し続けてきた。

     しかし、米国による経済制裁を恐れる欧州企業の多くはイランからの撤退を次々に決定するなど、英独仏およ…

    残り899文字(全文1185文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット