週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

「老後2000万円」報告書が目指したもの(上)=駒村康平

     

    2019年6月3日に公表された金融庁ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」(以下、報告書)を巡り、世論が反発。政府が報告書を受け取らないという「2000万円問題」が発生した。

     しかし、報告書は、長寿社会における金融市場のあり方を説明するのが中心であった。私はこのワーキング・グループの委員を務めた。本稿では、誤解されている報告書の本当の意義と報告書が必要になった背景を今号と次号の2回にわたって解説したい。

     報告書は人生100年時代にふさわしい資産形成・管理を中心課題に据えている。長寿化、認知機能の低下リスクの一般化などを踏まえ、個人には(1)各年齢層別にふさわしいマネーライフプランを作成し、(2)長期・積み立て・分散投資を活用し、(3)保有資産の「見える化」を行い、(4)資産面での適切なアドバイザーを確保すること──が重要としている。

    残り2466文字(全文2849文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット