週刊エコノミスト Online編集後記

桑子かつ代/桐山友一

編集部から

 テレビや映画は世相を映すものだ。今年は過去数年間で最高のドラマに巡り会えた。独身男性カップルの日常生活を二人の食事を中心に描いた「きのう何食べた?」はほんわり優しい気持ちにさせられた。

 幸せは特別な出来事がもたらすのではなく、日々の暮らしの中にあるというメッセージのドラマだった。

 来年公開予定の人気スパイ映画「007」シリーズ最新作は、スパイ役が初の黒人女性になるという。今までスパイ映画にあまり関心はなかったが、ぜひ劇場に見に行きたいと思う。成功してほしいと思う。

 世の中はなかなか変わらないと思っていたが、最近のドラマや映画の配役を見ると、明らかに性別上の設定が今までと大きく様変わりしている。

残り1158文字(全文1464文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事