週刊エコノミスト Online編集後記

北條一浩/岡田英

編集部から

 久々に渋谷の街をゆっくり歩く機会があった。東京オリンピックに向け、渋谷は今、大改造中。渋谷駅前やPARCOがあった付近などは、見る影もなく変わってしまった。

 高層タワーに象徴されるような風貌はいかにも今日的で、平板で、批判も多い。私もそれに同調するが、街を歩く中で「待てよ」と思ったのである。

 センター街からNHK方面にかけて、東急ハンズのあたりは、良い意味でまだゴチャゴチャしていて、渋谷らしさが残っている。名前が示すとおり渋谷の魅力は地形が「谷」になっている点にあり(だから坂が多い)、急な坂のあたりは手を加えることができないのだろう。

 そしてこんなことも思った。壊れゆくものを惜しみ、新風景に難癖を付けるだけではそれも「平板」だと。変わらない景色などない。「おまえならどんな風景を作る?」。自分に問いを向けてみなければ。

(北條一浩)

「休日の過ごし方は」。本誌経営者インタビューの定番質問だが、自分はと言えば、近場で過ごすことが多い。

 予定がない休日に頼りにしているのが、私の住む東京都板橋区内の地域情報を紹介する個人サイト「いたばしTIMES」。飲食店の開店・閉店情報、商店街の祭りや朝市、公園のリニューアルまで「板橋に関係ない人にはさっぱり面白くない情報」を毎日発信する。

 近くに、新大久保の韓国料理店に卸しているキムチ工場があり店頭販売を始めたのもこのサイトで知った。住宅を改装した小さな工場で、前を通ったことはあったがキムチ工場とは知らなかった。買ってみると味は作りたてだけに格別だった。

 おかげで区内を広く「観光」するようになった。月間70万ページビューと読者は多い。私のような「観光客」が増え、街が活気づくかもしれない。

(岡田英)

■次号のエコノミスト

8月27日号 8月19日(月)発売

残る 消える 鉄道

開業目前! 相鉄・JR直通線/鉄道ランキング

都合により変更する場合があります。

『週刊エコノミスト』の取材・編集を行う契約社員を募集します。

■応募資格 学歴不問。経済報道の最前線で働く意欲と情熱のある人材を募集します。

      取材・編集経験のある人を歓迎します。

■待遇   月給20万円以上、契約期間1年(更新、正社員登用あり)

■応募方法 下記要項を明記して、メールでご応募ください。

      「氏名」「生年月日」「住所・電話番号」「職歴」「志望動機・アピールポイント」「条件面のご希望」

応募の秘密は厳守します。私製及び市販の履歴書を添付いただいても結構です。

■問い合わせ連絡先・応募メールの送信先

Tel:03-6265-6731(毎日新聞出版 採用担当) E-mail:mainichibookssaiyou@mainichi.co.jp

週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

1年(49冊) 27,300円 17%OFF

2年(98冊) 51,500円 22%OFF

3年(147冊) 65,000円 34%OFF

★料金には、送料、消費税が含まれています。

★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

フェイスブック、ツイッターは随時更新

https://www.facebook.com/economistweekly

https://twitter.com/EconomistWeekly

◎記事内容のお問い合わせ

編集部 TEL03-6265-6743

◎広告掲載

毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事