経済・企業商社の稼ぎ方

双日 ガスの消費者向け販売 市況影響少なく安定需要=橋本政和

    ベトナムのガス供給施設(双日提供)
    ベトナムのガス供給施設(双日提供)

     ガスの採掘から消費までを大きなビジネスの流れに例えると、探鉱・開発事業は上流、最終消費者に接点を持つ販売事業は下流、液化や輸送、発電などはその中間の中流に当たる。双日は前身の日商岩井時代の1970年代に、インドネシアで上流事業に進出し、天然ガス開発事業の権益を取得、ガスを採掘してきた。

     以来、インドネシアやカタールで同様に開発事業を手がけている。脱石炭の動きや新興国の成長期待から、ガスは今後、ますます有力な資源になるだろう。また、家庭用、発電用だけではなく、半導体製造などの産業用需要も増えるだろう。

     ただ、開発事業は、資源価格に収益が左右される。そこで、ガスの液化や輸出入、輸送、発電、販売などの中…

    残り893文字(全文1196文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット