経済・企業世界景気の終わり

日本経済 追加緩和迫られる日銀 10~12月に短期金利引き下げか=木内登英

導入から3年、日銀の長短金利操作政策は岐路に立たされている(Bloomberg)
導入から3年、日銀の長短金利操作政策は岐路に立たされている(Bloomberg)

 FRB(米連邦準備制度理事会)が利下げ(政策金利引き下げ)に動くなか、日銀もそれに追随するとの見方が出ている。しかし、利下げ余地が2%程度もあるFRBとは異なり、利下げやその他の緩和手段が限られる日銀は、緩和カードをできる限り温存したいと考えているはずだ。

 日銀が緩和策実施までのつなぎ、いわば時間稼ぎの手段として活用していくのが、フォワードガイダンス(政策方針)の漸次的な時間軸延長だろう。今年4月の決定会合で日銀は、政策金利のフォワードガイダンスについて、「当分の間、現在のきわめて低い長短金利の水準を維持する」との文章に、「少なくとも2020年春ごろまで」という文言を加えた。

 時間を明示したフォワードガイダンスは、時間軸を修正することで一種の緩和手段として利用でき、ECB(欧州中央銀行)がすでに採用している。たとえば、この先景気減速や円高が進む場合には、現在の時間軸を「少なくとも20年後半まで」などと段階的に延長していくことでイールドカーブのフラット化を促し、円高をけん制することも可能だ。

残り2831文字(全文3283文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事