国際・政治世界景気の終わり

米国経済 “投資家資本主義”の行く末 資本市場の虜になったFRB=河野龍太郎

緩和で景気「延命」のジレンマ

 米中貿易戦争の激化で、世界経済を巡る不確実性は大きく、景気をサポートすべく米連邦準備制度理事会(FRB)が予防的な金融緩和を続けると資産市場では広く予想されている。しかし、以前なら、現在のような状況では金融緩和は決して行われなかった。不確実性が大きいといっても、米国経済はなお緩やかな回復を続け、完全雇用にある。グローバル経済の影響を最も受けやすい製造業も後退の領域にはまだ入っていない。何より、株式市場は最高値を更新中だ。FRBの金融政策を巡るゲームのルールが大きく変わった可能性がある。

残り2167文字(全文2427文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事