週刊エコノミスト Online書評

本当に「私」を生かすアイデンティティーを=ブレイディみかこ

    ×月×日

     うちの息子は、アイルランド人の父を持ち、日本人の母を持ち、英国で生まれ育っている。だからパスポートも三つ持っている。彼は白人であり、非白人でもあり、欧州人でもあり、アジア人だ。その実、自分はそのどれでもないという感覚もあり、自分のアイデンティティーは一つではないし、誰かに「お前はこれだ」と決められるのは変だと言う。

     そんな12歳の息子がいつも言っているようなことがそのまま書かれていて驚いたのが、アミン・マアルーフ著『アイデンティティが人を殺す』(ちくま学芸文庫、1100円)だ。1949年にレバノンで生まれた著者は、祖国の内乱をきっかけに76年にフランスに移住した。彼もまた、人の帰属先は一つではないし、誰からも一つの帰属先を選ばされる必要はなく、その帰属先のために「立ち上がれ」とか「戦え」と強制されることがあ…

    残り990文字(全文1353文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事