週刊エコノミスト Online書評

アメリカ 大統領候補の市長が語る都市再生=冷泉彰彦

    ブティジェッジ候補(bloomberg)
    ブティジェッジ候補(bloomberg)

     2020年の米大統領選へ向けて、統一候補を選ぶ民主党の予備選レースがスタートしている。その中で、全国世論調査で5位につけているインディアナ州サウスベンド市長、ピート・ブティジェッジ候補の著書『Shortest Way Home』が注目を集めている。意訳すれば「ふるさと再生への最短の処方箋」だろうか。初版は今年2月だが、6月に装丁を変更して再発売された。

     サウスベンド市出身のブティジェッジ候補。ハーバード大学を卒業後は、ローズ奨学金を得て英オックスフォード大学に留学。海軍に志願してアフガニスタンでの軍歴も積んでいる。そして12年、29歳の若さで故郷の市長に就任し、街の再生に取り組んだ。現在2期目を迎えている。男性で、同性婚者でもある。

    残り491文字(全文812文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット