マーケット・金融THE MARKET

欧州株 金融政策にらみ一進一退=川瀬良美

 欧州中央銀行(ECB)は7月25日、金融政策の現状維持を決定した。声明の中でドラギ総裁は、物価の低位膠着(こうちゃく)、製造業の弱さ、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明性などを挙げ、追加緩和に含みを持たせた。これを受けユーロは一時、2年ぶり安値まで急落したが、その後反発するなど方向感が定まらなかった。

 英中銀のイングランド銀行(BOE)も8月1日に全会一致で金融政策の現状維持を決定。英国の物価上昇率は目標の2%近辺でありBOEは利上げ方針を堅持しているが、6月の消費者物価指数は5月から横ばいで、差し迫った利上げ圧力は感じられない。むしろジョンソン首相の誕生で「合意なきEU離脱」が現実味を帯びる中、景気対策のための利下げが必要との声も上がるなど、BOEは難しいかじ取りを迫られている。

残り88文字(全文436文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事