週刊エコノミスト Online海外企業を買う

レスメド 睡眠時無呼吸症候群の治療機器大手=永井知美/252

(出所)ブルームバーグ
(出所)ブルームバーグ

 米レスメドは睡眠時無呼吸症候群(SAS)をはじめとする呼吸関連の医療機器・ソフト分野で蘭フィリップスと世界首位を争う有力企業だ。SAS治療におけるパイオニア的存在で、世界120カ国超に展開、呼吸器疾患の診断・治療から患者の管理に関わる医療機器・ソフトの研究開発・製造・販売を手掛けている。

 日本でも新幹線やバスの運転手が居眠り運転で事故を起こして認知度が高まったSASは、肥満や加齢、呼吸器の形態的問題などにより睡眠中に気道が塞がってなる病気である。睡眠中、無意識に何度も覚醒するので体も脳も休まらず、眠気、頭痛、判断力の低下など日常生活に支障をきたす。睡眠中に酸欠状態になるので酸素を体に送ろうとする心臓や血管に負担がかかり、高血圧、心不全、脳卒中などの合併症を引き起こす恐れもある。

残り2514文字(全文2858文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事