週刊エコノミスト Online商社の深層&ズバリ!地域金融

金融庁が求める支店長像は 「問題解決の金融のプロ」=浪川攻/24

    地銀に求めるのは数字ではない(遠藤俊英・金融庁長官)
    地銀に求めるのは数字ではない(遠藤俊英・金融庁長官)

     人事異動後の霞が関の新体制が本格的に動き出すのがお盆休暇明けのタイミングである。金融行政も同様である。その直前の7月、金融庁の遠藤俊英長官が地域銀行の経営者たちを前に語ったのが「顧客目線の吸い上げ営業」に関する見解だった。

    「顧客目線の吸い上げ営業を目指そうとなっているが、どこまで実現できているのかなどを銀行と対話し認識の共有がなされた」(遠藤長官)

     顧客目線の吸い上げ営業とは、顧客ニーズを顧客の立場に立って丹念に把握し、そのための施策を打てるかどうかということである。銀行業務における基本と言える営業姿勢である。ただし、それを理想的に実現していくためには、頭取の精神訓話だけでは足りない。人事制度、業績評価制度、そして、営業の最前線である営業店の在り方が問われることになる。金融庁が今後、銀行と対話するうえで論点もこれらに尽きる。

    残り891文字(全文1259文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット