週刊エコノミスト Online商社の深層&ズバリ!地域金融

金融庁、3年定期異動にメス 狙いは地域のプロ育成=浪川攻/25

    141ページにわたる金融庁の金融行政方針。92ページで地域金融の人事ローテーションの見直しに踏み込んだ
    141ページにわたる金融庁の金融行政方針。92ページで地域金融の人事ローテーションの見直しに踏み込んだ

     2、3年のサイクルでの人事異動が銀行の慣行となってきた。これは、顧客との癒着による不正を防止する観点から、監督官庁が監督指針などで求めてきたものだ。しかし、率直に言って、それはあまりにも前時代的な発想だ。そこで、金融庁は今年8月に公表した2019事務年度(19年7月~20年6月)の「金融行政のこれまでの実践と今後の方針」(従来の「金融行政方針」)で、地域金融機関の項目にこの問題を盛り込んだ。「人事ローテーション等に関する規定の見直し」である。

     この定期異動制度は思いのほか、銀行に根を張っている。人事制度の根幹をなしていると言っても過言ではない。「3年ごとの定期異動がジョブローテーションとキャリアパスとなって昇格制度の中枢に位置付けられている」(中堅地銀)と言われるほどである。したがって、「人事ローテーション等に関する規定の見直し」と言っても、即座に対応できない銀行が少なくないと思われる。

    残り918文字(全文1318文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット