週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

後期高齢者医療と介護保険の再編・統合を=山崎泰彦

     近年の医療・介護分野の改革では、「高齢者が住み慣れた地域で人生を全うする」という地域包括ケアの実現に向けて、両分野の改革を一体的に推進し、機能強化・充実とともに重点化・効率化を図る。この流れを決定づけたのは与野党(民主、自民、公明)の3党合意による2013年の社会保障制度改革国民会議の報告書で、「病院完結型から地域完結型へ」「治す医療から、治し・支える医療へ」と、病院病床の再編、在宅医療・介護の充実と連携の強化を説いた。

     この改革の方向性は13年の社会保障制度改革プログラム法に規定され、それに基づいて14年の医療介護総合確保推進法の制定、15年の国民健康保険制度改正、18年の診療報酬・介護報酬改定、地域医療計画・介護保険事業(支援)計画の策定等が行われ、いずれも18年度から全面的に施行された。

    残り2403文字(全文2755文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット