週刊エコノミスト Online書評

『「追われる国」の経済学 ポスト・グローバリズムの処方箋』 評者・上川孝夫

著者 リチャード・クー(野村総合研究所主席研究員) 訳者 川島睦保 東洋経済新報社 2800円

新視点「ルイスの転換点」で有効なマクロ政策提示

 米中貿易摩擦の激化などで、世界経済の先行き懸念が強まり、先進国の金融政策は緩和競争の様相を呈してきた。しかし、長期的に見れば、先進国では低成長が一般化し、民間企業は資金余剰に転じている。書名にある「追われる国」とは、新興国に追われる先進国のことを指すが、いったい処方箋はあるのか。

 著者はかつて「バランスシート不況」という概念を提唱したことで知られる。バブル崩壊後の日本では、民間のバランスシートが毀損(きそん)し、債務の返済が最優先されたので、長期不況が続いた。しかし現在、追われる国では、この債務の最小化は、国内に魅力的な投資機会が存在せず、海外の資本収益率が高いという、もう一つの要因から生じている。

残り845文字(全文1219文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事