週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

アルゼンチン大統領選で放漫財政・デフォルト懸念=阿部賢介

    (出所)各種報道などから丸紅経済研究所作成、写真はBloomberg
    (出所)各種報道などから丸紅経済研究所作成、写真はBloomberg

     アルゼンチン大統領選挙は10月27日に、得票数1・2位候補者による決選投票は11月24日に実施される。選挙戦は実質上、現職のマウリシオ・マクリ大統領と、最大野党の左派、ペロン党キルチネル派候補のアルベルト・フェルナンデス(A・フェルナンデス)元首相の一騎打ちになる公算が大きい。本選に先駆け、予備選挙(PASO)が8月11日に行われた。予備選は元来政党候補を絞るプロセスだったが、現在、実質的には大規模かつ正確な世論調査という位置づけだ。

     マクリ大統領は再選を目指すが、予備選前の世論調査の時点では、A・フェルナンデス元首相がわずかにリードする状況だった。しかし、予備選のフタを開ければ、A・フェルナンデス元首相が得票率47・65%と、マクリ大統領の32・08%を15ポイント以上も上回り、事前の予想を大きく超える結果となった(図1)。

    残り2116文字(全文2485文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット